立たない時の4つの対策と対処法

勃起力を強くしたいあなたへ

当サイトでお伝えする方法は、以下の3つがポイントです
  • 健康的でムリのない自然な方法
  • なるべく簡単で、短時間でできるもの
  • 効果の根拠が明快で根本的解決がはかれそうなもの


■勃起力を強くする唯一絶対の方法はない!

立たない時の対策方法


いきなり絶対の方法がないと聞かされ、ウンザリしてしまったでしょうか?

結論を先に言えば、勃起力を強くする方法は、
  • 何かを飲む(薬、精力剤、漢方、サプリなど) 
  • 食生活、睡眠などの生活習慣の見直し
  • 運動、トレーニング
  • 道具を使う、手術を受ける

これら4つに分けられます。しかし結局は、男性の体に特化した健康バランスをとるのが一番の早道なのです。


■一番有望な方法は?

立たないことで悩む男性

「そうはいっても、医学やテクノロジーの発達したこの世の中、勃起力に特化した有望な方法ってあるでしょ?」と思われる方も多いでしょう。

しかし、勃起力に関する様々な文献、データに一通り目を通してみれば、勃起力の強化=男性の身体の健康バランスという結論にきっとあなたも辿り着くはずです。


■なぜなら、2つの理由があります。

運動や食材で生活習慣を見直す男性

1つは、泌尿器科医師をはじめ医学的な文献やデータにも、薬以外の勃起力改善のための方法がいくつも紹介されてること。

2つめに、薬や精力剤を飲むのがきっかけで改善する人もいれば、本来の勃起力を鍛えたり、運動や食材など生活習慣を見直したり、セックスへの考え方を変えたりすることで改善する人もいることです。

そして、逆にそれらを試してみても効果がなかったという人もいるというのが真実なのです。


■あなたに一番合う方法

つまり絶対の方法はありません。どれも一長一短があって、効果には個人差があるからです。

当サイトは、様々な文献、データを参考に、その効果に根拠のある方法を探しまとめているサイトです。

だからこそ、まずは試しやすいと思ったものから始めてみて、自分に合う方法を探してみるのが最も改善への早道だといえるでしょう。


■健康的で簡単!根拠アリの勃起対策4選

勃起のプロ!AV業界に伝わるトレーニング法

立たないでは済まされない撮影の現場。そんな緊張の中でも自身の力で勃起力を維持し続ける。その方法は、根本的な解決に重点をおいた自然なトレーニングと栄養補給なのです。51歳の男優さんがその秘訣を動画で教えてくれます。

トレーニング法の詳細はこちら

男性機能を高める運動、筋トレ法

運動している人は、勃起に必要なテストステロン(男性ホルモン)の濃度が高い傾向にあることが、様々な実験報告から知られています。ここでは、勃起にフォーカスした運動方法や筋肉トレーニングを紹介しています。

運動・トレーニング法はこちら

精力を高める食べ物、食材とは?

様々な栄養素や食材が、男性機能を健康にする成分を含んでいることが、世界中の実験報告から知られています。ここでは、そんな実験報告を元に、勃起に役立ちそうな食べ物、食材をまとめています。

精力を高める食べ物、食材はこちら

男に必要な栄養を補う!サプリ、強壮剤

ここでは、男性機能の健康に悩める男性たちに人気の栄養素、強壮剤、サプリメントの情報をまとめています。不規則な生活をせざるをえない方や、食生活の見直しが難しいという方は、これらのものが補助的に助けてくれます。

サプリメント、強壮剤はこちら


■「立たない」を放置してはいけない!


勃起力の低下は、心筋梗塞や脳梗塞といった死に直結する病気の前兆の可能性があります。

そんな大げさな!死ぬほどのことじゃないでしょう?」と思われるでしょう。

しかし、厚生労働省の平成21年度「死因順位別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・厚生割合」をご覧ください。
  心疾患脳血管疾患合計
30代 10.5%5.0%15.5%
40代 14.6%9.4%24.0%
50代 14.3%8.8%23.1%
60代 13.1%8.2%21.3%
70代 13.0%9.6%22.6%
80代 15.0%11.1%26.1%

40代以降になって心疾患、脳血管疾患で死亡するリスクが急に高くなることがわかります。


■男性機能の衰えは血流の衰え


勃起は、陰茎内部の海綿体に血液がたまり、静脈が調節されることで起こる生理現象です。

勃起力は、血流の流れという体の働きがあればこそなのです。

そして心疾患、脳血管疾患は、血流の衰えが強く関係してくる病気です。

つまり、40代以降の勃起力の低下と、死に直結する病気は、血流の衰えという点で、関連性が強いのです。


■結論・まとめ

  • 勃起力の低下は、血管病
  • ペニスの血管は細いので、血管の病気が起こる前に問題が生じる

このような見解が、医師や研究者たちの間に見られます。

つまり「立たない」を放置することは、自身の健康を放置することになりかねないのです。

立ってこそ男は健康!まずは今からできそうな方法を探し、ムリのない範囲で少しずつ試していくようにしてはいかがでしょう。


■今、注目の勃起力対策


勃起力を強くしたいと感じたときは、早期的な対策をしつつ、中長期的には、本来の自分の力を強くするような自然な方法を検討すべきです。